ホーム

2012年9月27日木曜日

三ヶ月+26日目 宅録の話

今日知人と宅録の話になり、
どうやって録れば良いのかわからない、という事だったので、
宅録の事を書こうかなと、色々書いていたんだけど…


自分も知識無いw
使っている機材も安いのばかりだし

何よりなんか偉そうだったので、全部消したw
知人とは今度話そうw


最初って何から調べたら良いのかわからないし、面倒臭いですよね

自分もよくわからないまま、相談出来る人もいないまま、
amazonのレビューだけを頼りに、
金をドブに捨てる覚悟で、
本当に必要かどうかもわからない物を購入した経験w があるので、
なんだか気持ちがよくわかる気がするのでした

参考になるかわからないけど構成だけ書いておきます



(ギターや声)
コンデンサーマイク MXL2003A 13,800円 マイクスタンドも必要。手で持てない
↓マイクケーブル
ミキサー BEHRINGER ZENYX802 3,950円 主にイコライザーとファンタム電源用途
↓シールド2本
オーディオインターフェイス TASCAM US144MK2 11.580円 これが無いとPCに繋げない
↓USBコード
PC 録音編集やホワイトノイズを消せるフリーソフトAudacity



最初はオーディオインターフェイスだけ買いました
それで持っていたマイク(SHURE SM58)をPCに繋げられるようになったけれど、

SM58 → オーディオインターフェイス → PC

音がこもっていて全く気に入らない!状態でした

PCでイコライザーを使って声をイジれば良かったのかもしれないけれど、
PCでイコライザーソフトを持って無いし、
録った物を後でイジると劣化する、ってイメージがあったので、
録る前に調整出来るように、イコライザー用途でミキサーを購入しました

SM58 → ミキサー → オーディオインターフェイス → PC

これで随分良くなったけれど、それでもなんとなく音のヌケが悪いのが気になりました
レコーディング専用みたいなマイク、コンデンサーマイクを試したくなり、
評判の良かったMXL2003Aを購入して現在の状態になりました
コンデンサーマイクには大満足!


全部で3万5千円くらいでしょうか
安い物ばかりだけど、結構な金額ですね


今の所、これで不満無く録音を楽しんでいます
Sour Candyのギターはライン入力ではなく、
コンデンサーマイクで生音を録って、ホワイトノイズを消しています
そっちの方が全然音が良かった





今日のギター練習はいつも通りです
特別大きな進展はありませんでした







にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ

にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ






0 件のコメント:

コメントを投稿