ホーム

2012年11月7日水曜日

5ヶ月+6日目 ギター妄想

今日も雨だった
夜凄い霧だったw

帰宅すると、案の定湿度が70%近くに
エアコンの除湿を使うも62%から下がらない

今日はなんとなくTaylorを出す気になれなかったので、
ずっとTakamineで練習してました
国産はこういう時なんか安心

Takamineは買ってからずっとスタンドで出しっぱなしだけど、
ネックもトップも全く影響を受けずまっすぐのままです
正直手入れに関しては拭く事と、
弾き終わったら弦を緩める事くらいしか知識が無いので、
頑丈なギターというのは大変助かる

+
+

+
+

以前に、玉置浩二さんが北海道でのライブの際、
控え室でMartin D45のケースを開けたら、

恐らく空調の関係で湿度がガッツリ下がってたんでしょうね、

ギターのトップにヒビが入り、ギターが使えなくなったという事があったそうで、
(玉置さんはその足で楽器店へ向かい、新しいD45を買ってライブをやったそうです)

この話を知って以降、ずっとこういうのが怖かったのでした

お金の問題もあるけど、
それ以上に、自分のギターが駄目になってしまうって凄い辛いのではと想像する
大事に使いながら、より鳴るように願って育ててたはず





たまに、自分は死ぬまでに何本アコギを持つだろう?なんて考える時がある
欲しいのが沢山ありすぎる!

買えないし、考えるだけだけど、考えるのが楽しい!!

材で言えば3ラインナップが魅力的

1. アディロンダック+ローズウッド(ハカランダやココボロならなお可)
2. シダー+マホガニー
3. 特上のオールハワイアンコア

製品で考えると

GUILD D-55 もう所有欲のみw
Gibson Hummingbird 唯一無二。これでしか出ない音がある
Martin D-28 優しくて賑やかな鈴なりサウンドはMartinじゃないと。こっそりD35の音も好き
Taylor K24ce ガツっとギラギラかっこいい。アホみたいに高い
Taylor 614ce オサレ過ぎる。あの見た目は忘れられない。キラキラもハンパ無かった

他にも、触ったらコリングスやフォルヒも絶対欲しくなる!

自分の場合余生を考えたら(笑)と言ってもまだ30代だけど、
多分一生のうち、あと買っても1~2本だと思うので、
こういう妄想をして、布団の中で楽しんだりしています

他に見た目で欲しいギターも沢山ある!
ハープギターも持ってみたいし

ドイツギターのBIANKAさんとかかっこ良すぎる。これでアコギって!
リンク

まぁ子供の頃と対象が違うだけで、何も変わってないですね。節操無いw

Taylor814ceも勿論最高のギターでした!
優しくも弾けるしキラキラも行けるしドンシャリ風味も行ける(ちと低音弱いけど)
余計な音の鳴らないアッサリサウンドはレコや現代ポップスとの相性が凄く良くて、
悪い意味でのフォークっぽさが出てこないし、
他の楽器の邪魔もしないし、
弾き語りをすると声の邪魔をしないので、別録りだと勘違いされてしまうほど
今の自分の用途にぴったりのギターでした
他のギターも魅力的なのが問題なだけでw
今晩も妄想プレイしながら寝る事にします




練習はいつも通り!
復習とdaughtersと、他に指のクロマチックを自作していくつかやってました
コードチェンジの練習もそのうち自作したい








にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ







0 件のコメント:

コメントを投稿