ホーム

2012年11月10日土曜日

5ヶ月+9日目 足りないクオリティ

小指の横がジリジリ痛い(´・ω・`)
弾きすぎなのかも

弾く前から痛かったので、
弾き始めは恐る恐るでした

以前も弾きすぎで手が腱鞘炎になっているので、
ちょっと自粛した方が良いんだろうな、と、
今日は軽く復習だけにしておきました
わざわざギター弾く時間作ってるのにもったいないなぁ

指先が慣れたら、弦を1ランク太い物に変えたいと思っていたけれど
(MartinのMidiumくらいにしたい)
そしたらそこでまた指先が痛くなるのかな?
先の長い修行の道ですねw

でもアコギって楽しい(`・ω・´)
本当にちょっっっっっっとずつしか上手くならないけど

+
+

+
+

時間が余ったので新岡ギター教室WEB見てたら、
アコギの音は3種類ある!生音 ラインの音 CDの音だ!
なんて、
自分が感じてた事と似たような事が書いてあって笑ったw




*足りないもの探し
気になった曲のコードをwebでググって、
適当に弾き語りなんかをやってみる機会って多いけれど、

弾けてるし歌えてるのに様にならないというか、
「曲になってないな」と感じる瞬間が多い

そのまま練習して完成度を上げても、
何かしら抜けていて、足りないピースがあるのでは、と頭がどこかで感じる

この違和感の正体って何だろうとずっと考えてたんですが、
沢山足りないものがある中で、決定的に足りなかったのは、
「ノリ」と「バッキングパターンの量」っぽいなと思うようになりました



*きっかけ
洋POPSが好きでよく聞いているんですが、
最近の主流は4コード(もしくは3コード)にパート毎のメロディを足しただけの、
非常に簡素な物が多くて、

なのでアコギで弾き語る分には簡単だけど、
逆に簡素すぎて、曲として聞かせるには工夫が必要、と思う事が多いのでした
ノリやパターンの量が足りないと酷い事になるw

AとBの復習で弾いている曲

One Direction - What Makes You Beautiful

アイドル曲だけどw

構成が非常に簡単で、E→A→Bの3種類。ずっとそれだけ
でもアコギで弾いて歌うと、何かが足りない
それが前出の「ノリ」や「パターンの量」なんじゃないかなぁ、と思わされる訳です

アコギ一本でやるから辛いだけかな、なんて思う事もあったけど、
この辺の曲ってyoutubeで素人カバーが腐るほどあるので、
色んな方が演奏されているのを聞いていくと、
これがしっかりやれてるんですよね。上手いし凄い!
ノリを補う為にパーカッシブを入れてる方も多いけど

猫萌え
そのキティのキャップどこで売ってんのww

自分が二人いてもこうは出来ないw
バッキングは最低3種類くらい入れた方が良いのかな


独自のノリと雰囲気
イントロだけちょっと変えてあるね
もうちょい他にもパターンがあったら飽きなかったのかな、と感じた
爪で弾いてるのかな


パーカッション入ってるさわやか系編集音源
すげー木目w KOAかメイプルか


カヴァーでここまで行けたら気持ちいいだろな
映像も綺麗
いつかこんな風にやれたらと思う
アコギTaylor314ceかな。ステキ


こういうの見てると、日本と外国のアコギ文化の差も感じますね
「個人がやれる音楽とアコギ」の関係が密接


ノリとパターンの量を増やす練習を考えながら寝ます








にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ







0 件のコメント:

コメントを投稿