ホーム

2013年2月24日日曜日

8ヶ月+23日目 ピックの音の違い

べっ甲ピックの何が良いの?

というお話をいただいたので、
丁度良い機会なので、弾いて録音して聴き比べてみる事にしました

+
+

+
+

比較したのはこの2種類

べっ甲代表
GRECO TRL 0.8mm 本鼈甲ピックおにぎり型
普通のピック代表
PICK BOY GP-TG-R 0.8mm

使用ギターはTaylor814ce

弦は張ってから18日目?のSKT Golden Bronze 12-53


適当にEやAadd9をストローク
コンデンサーマイクで空間録音

音源はこちら
べっ甲
普通ピック



以下は個人的な所感ですが、

べっ甲の硬さが色んな所に影響しているのか、
べっ甲はピックが弦に当たった時のアタック音が強く、
ストロークにジャキジャキ感が出るのと、
音に高音成分が増えて、全体的に聞き心地が乾いて軽やかになるのと、
音の輪郭がハッキリしてくるので、
ストロークしていても音の粒が立っていて、
各弦の音が分離しつつ、それでもまとまって聞こえますね

普通ピックの方は、良く言えば優しい音がするけれど、
悪く言うとモヤっとして湿ってモッタリした冴えない音がする
音の分離が悪くてコードがベシャっとしてる
あとなんか下手に聞こえるw


という理由で、最近はずっとべっ甲ピックばかり使っています
生音だともっと差がハッキリ出てます!

曲やギターによって使い分け出来ると良いんでしょうね







明日いよいよライブ!

なので、
今日は髪を切ってTシャツを買いに行ってました

何かかっこいいTシャツ無いかな、なんて探しに行ったのに、
買ってきたのは何故かコレ






ウサギ…


ウサギ飼育者はウサギグッズを集めてしまうという恐ろしい習性があります
アラフォーのおっさんだというのにこの始末です

仕方無いので明日はウサギTシャツで勝負してきます







にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ








2 件のコメント:

  1. 早速比較の音源までいただきありがとうございます!
    普段練習で使っているピックとまったく同じなので
    大変参考になりました!

    あとすみませんが、コチラの記事を紹介しちゃいました。
    不都合があれば、連絡下さい。

    返信削除
  2. べっ甲以外を使う時は自分もTerry Gouldかウルテックスです
    自分でこうだと思っている事でも、
    録って聞いてみると違う時もあって、面白いですよね
    弦やボディとの組み合わせでも雰囲気が変わりそうで、
    研究課題というか、単純に好奇心が湧きますねw

    返信削除