ホーム

2013年2月4日月曜日

8ヶ月+3日目

もう3日だって!
本当に早い


+
+

+
+


アコギを始めるまで勘違いしてた事があって、
ギターって本体毎に音が変わると思っていたけれど、
実際は弾き方でも相当音が変わるという事

特にフィンガーだと顕著で、
良い楽器でも弾くのが下手だと、まともな音が出ないw

自分が弾くと、慣れている曲だと音に気を配って弾ける分まだマシだけど、
慣れていない曲だと、同じ楽器だと思えないくらいショボい音になる

試奏してまわってTaylorを選んだ時は、
その場に4本くらい、メーカー別のギターを置いて弾き比べていたけれど、
Taylorはその中でもかなり音の質の操作がしやすいギターだった

翻って、下手くそが弾くと音が変化して安定しないギターって事になるけれど、w
当時切れる刀なんだなぁという印象を持った事を思い出す



今日は右手の爪が伸びてきて、恐る恐る切って削って形を整えていたけれど、
その間、この試奏の時の事を思い出してました
爪の形がちょっと変わるだけで全然全く音が違う

あと最近爪の保護として、
爪の先の白い部分にのみ、マニキュアのトップコートを塗ってみています

I'm not gay

これも相当音が変わりますね
普通のピック → べっ甲ピックに持ち替えたような音の変化
高音域が出てシャランとする

ただやっぱり…見た目気持ち悪いw
塗った所が濡れているように光る

アコギを弾く人専用のマニキュア的な物があるみたいだけど、
1~2万するようなので、中々購入まで至らない

マットなトップコートもあるようなので、いずれそちらを購入してみたい
とりあえず今はこれ塗って、光らないようちょっと表面を削っています
一度この音を経験すると、無しで弾く気にならない





朝からギターを弾いていたけれど、
夕方から用事で外出する事になり、
帰宅が深夜となって、今日は録音が出来ませんでした

以前もそうだったけれど、
大体5日くらい練習すると、メトロノームを使って通して練習出来るようになりますね
今日が丁度そんな感じでした

なのでいつもだと次の曲へ移るタイミングだけど、
今月末に何故かキーボードでライブのヘルプに入る事になっているので、
しばらくキーボードを練習する為、アコギの新規はお休みに
完成度上げの方で頭を使ってみる事にします

ひとまず今日はソロ・ギター、弾き語り、ギターハノンをいつも通りこなしました






にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ






2 件のコメント:

  1. 弘法筆を選ばずと言いますが、鬼に金棒ともいうので
    やはり上手い人は選んでいるわけで(´~`ヾ)

    自分にあったものを見つけるのもひとつの楽しみですよね!

    そういえばつけ爪なんてものもありますが、どんな感じなんでしょうね。

    返信削除
  2. 好きな一本を選んで自分が合わせていくのもカッコイイですよね
    ギブソンなら俺に任せろとか、マーチンの良さを引き出すのは負けないとか
    いつか言ってみたいw
    アコギは懐が深くて、色んな楽しみ方がありますね

    つけ爪ありましたねw どうなんだろうやってみたい!

    返信削除