ホーム

2013年4月1日月曜日

9ヶ月+31日目

ジブリ ソロ・ギターの一番最初に載っている曲、
ナウシカオープニングを毎日ちょっとずつ、
練習とは言わない程度に遊びで触っているけれど、

少しづつ慣れてきたようで、
まだまだつっかえながらだけど、
いつかちゃんと弾けそうだな、と思えるようになった
かなり牛歩だけど、こんなペースでも覚えていけるんだなぁ

+
+

+
+

この曲は本に記載されている難易度で言うと、
最も高い難易度Cに分類されるので、
ちゃんと弾けるようになったら、そこそこ上達してきてると思えそう




最近細い弦の音が好きになってきた
Taylorはボディがガッシリしてて音が硬いので、
細めの弦を使っていくらか柔らかめにシフトしてやると楽しい

それでも全然硬いけど
硬さとテンションを楽しむギターですね

それはそれで楽しんで、
でも真逆の柔らかい音のギターも弾いてみたくなるので、
いつか次のギターを買う時は、そういうのを狙っていきそう

これ良いなぁ
1892年 120年前製造!のMartin1-2
細い弦の音が心地いい
小さいボディの中で一杯反響してるリバーブ感も気持ちいい
ちょっとチューニング気になるけど放置なのか合わないのか…

いつか腕が追いついたら弾いてみたい






にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ









0 件のコメント:

コメントを投稿